2020年振返り by ビチョ😺

皆さま、こんにちは。トゥシグナント家 動物チーム長男のビチョです。

2020年はとても大変な年だったと聞きますが、はっきり言って僕も同感です。

2020年の一大事と言えば、犬の妹のルナちゃんが我が家へやってきたこと。ずっと一人っ子だった僕は最初ちょっとびっくりしちゃったけど、ルナちゃんは家族の一員になったわけだし、ルナちゃん身体は巨大だけど僕の猫パンチには敵わないので今ではすっかりお兄ちゃんが板についてきています。

それから僕はまた具合が悪くなりました。気持ち悪くてご飯も食べたくないしお水も飲みたくなかったから、ずっと寝てました。そしたらお母さんがシリンジってやつで僕のお口にお水とご飯を運んでくれました。嫌だったけど頑張って飲みました。

それとお母さんは病院で皮下輸液っていうののやり方を習ってきて、お家でやってくれるようになりました。背中の皮をつままれて最初チクッと痛くてニャンッと言うけど、その後はお水が身体の中に入ってきて結構気持ちいいです。お母さんはこれを毎日やってくれて、そしたらある時急に気分が良くなって自分でご飯を食べられるようになりました。そのあとはぐんぐん回復してだいぶ良くなったけど、いまも皮下輸液は週に一回やってます。お母さんは既にプロっぽい腕前です。

ご飯が食べられなかった時、お母さんが今まで見たことのない細長いチューブみたいのを僕の鼻の下にくっつけてきました。最初は顔を背けちゃったけど、お母さんが毎日くっつけてくるもんだから何日目かに恐る恐るちょっと舐めてみたら、ものすごく美味しかったんです!

「ちゅ〜る」ってやつです。僕は、こんなに美味しいものが世の中にあったんだってものすごくびっくりしました。お母さんはどうも少し方針を変えたようで、最近は美味しいご飯を食べさせてくれるし、ちゅ〜るは具合が良くなった途端にくれなくなっちゃったけど、僕はもういい年だからご飯ぐらいは美味しいものを食べたいのでお母さんが方針を変えてくれたのはとても嬉しいです。ちゅ〜るがもっともらえたらもっと嬉しいです。

あとはそう、お父さんがずっとお家にいます。毎日お家でお仕事していて、僕はお父さんが電話会議でお話ししてるのを聞きながらお昼寝するのが大好きです。お母さんも前はしょっちゅう旅行してたけど、ここのとこずーーーーっとお家にいます。すごくいいことだと思います。

お父さんは地下室でいろんな音をたてながら何かに夢中な様子です。お母さんはよく絵を描いています。お母さんが絵を描いているときは何故だか僕はとても気分がいいです。ルナちゃんもお母さんが絵を描いてるときはおとなしくしてるから、きっと好きなんだと思います。お父さんはそんな時間のことを”ZEN”っていいます。

こんなふうに僕の2020年は色んなことがありました。しんどい時もあったけど、頑張って生きていると嬉しいことや楽しいことや、びっくりするぐらいいいことだって時々あるから、生きててよかったー、って思います。

2021年はいいことがいっぱい待ってる気がします。新しい年、みんなが健康でしあわせな一年になりますように。

トゥシグナント家 動物チーム

長男 ビチョ😺

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です