両思い

猫の習性か、我が家の猫ビチョは定期的にお気に入りスポットを変更します。窓辺、棚の上、ソファの縁、各種椅子の上、ベッドの上、箱の中、クローゼットの中、靴箱の上、靴の上。これまで家中の様々な場所を定位置にしてきましたが、ここ数日の定位置はなんと、ルナ(犬)のクレートの上。


ルナのクレートは我々の寝室にあり、ルナは夜このクレートの中で寝ます。老猫ビチョは体調がよくないため一日の殆どの時間をその時の定位置で寝て過ごすため、今はほぼ24時間ルナのクレートの上。


最初の夜こそルナ🐶も真上にいるビチョ😺の匂いや気配が気になるのか夜中に何度も起きていたようですが、二日目からはもう慣れてしまったようで朝までぐっすり眠っています。横で見ていると、二段ベッドの上をお兄ちゃんが陣取ってるかのようで可笑しく、文句も言わず無邪気に寝そべっている妹も優しいな、となんとも微笑ましいのであります。


明後日3月7日はルナを我が家に迎えて1年の「うちの子記念日」。ルナ🐶は初めてビチョ😺に会った時からビチョのことが大好きで、何度シャーと威嚇されようと猫パンチを食らおうと、一向にめげる様子もありませんでした。それが今やビチョ😺の方からルナ🐶に寄り添うようになるとは。1年を経てこれはもう、両思いになったと言ってよいと思います。


猫がその時その時の定位置を決めるのは、日の当たる場所だったり、体調の悪い時は暗いところに隠れたり、その時々で自分にとって一番心地よい場所を選んでいるのだと思います。クレートの上と下で2匹の兄妹、動物同士エネルギーを交信し合っているのでしょう。きっと、家中のどんな場所よりも今のビチョにとって心地いい場所なのだと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です