コンポスト

恥ずかしながら、私はポートランドのお家に越してくるまで「コンポスト」なるものを知りませんでした。


お家の裏に巨大なポリバケツのようなものがあって、中を見ると中身は土。「これなあに?」と旦那さんに聞いたところ「コンポストだよ」と返ってきたのが私の人生に初めて登場した「コンポスト」でした。


日本でも見たことなかったんですが、コンポストって、生ゴミと落ち葉を混ぜて発酵させてつくる堆肥のこと。知りませんでしたー。


ポートランドでは自分のお家にもコンポスター(コンポストを作る巨大容器)があってコンポスト作りをするし、週に一回ゴミの収集でもコンポスト用の緑のゴミ収集容器を出すことができます。


お料理していると生ゴミって出ますよね。お家の中にも小さいコンポスト用の容器を置いておいて、生ゴミが出たらそこに入れて、それを大きな緑色のゴミ収集容器に落ち葉と一緒に入れてゴミとして出すのです。エコだわぁ。


野菜や果物の皮や、卵の殻、コーヒーや紅茶、あとは紙ナプキン系のものもコンポストになります。家の中に置いておいて匂いが出ないのかなー、と思ったのですが、今のところ出ていません。


冒頭の写真の家置き用コンポスト容器は可愛いデザインが色々売っていました。見た目が可愛いと、こういうことって俄然楽しくなりますよね。


コンポストの収集ってハワイでもロサンゼルスでもなかったのですが、実際ハワイやロサンゼルスではちょっと無理があると思います。


先ず、落ち葉なんてそんなに出ない!それと気温が高い☀


ハワイもロサンゼルスもコンポストには向かない土地柄。


それと比べたらポートランドは落ち葉は出放題だし、気温も低くて匂いも出ない。


だからと言って、旦那さんの出身地マサチューセッツ州は寒いし落ち葉もいっぱい出るのにコンポストの収集はなかったそう。


やっぱりポートランドはエコで一歩先行く街なんだな👍

引越し早々郵送で届いたゴミ捨てガイド。すごく便利。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です