ナウパカの伝説

ビーチ・ナウパカ (Naupka Kahakai)

「ナウパカ」という植物をご存知ですか? ハワイのビーチではよくみかける低木です。小さな白いお花を咲かせるのですが、このお花の見た目がとても特徴的で花びらが下半分にしかついていません。

ナウパカには海辺に咲くビーチ・ナウパカの他に、山間部に咲くマウンテン・ナウパカがあります(マウンテン・ナウパカはハワイ固有種)。

マウンテン・ナウパカ (Naupaka Kuahiwi)

ハワイにはこのナウパカにまつわる伝説がいくつかあって、どれも切ない悲恋のお話。そのひとつをご紹介させていただきます。

あるとき火の女神ペレが恋人のいる男性を好きになり近づきました。その男性はその相手がペレとは知らず仲良くしましたが、男性は恋人の元へと帰っていきました。それを知ったペレは、二人の仲を引き裂こうと怒り狂いました。ペレは男性に溶岩を投げつけ山に追い込み、怒りが冷めないペレは男性の恋人を海へ追いやり溶岩で焼き尽くそうとしました。

二人を哀れんだペレの妹達が、女性をビーチ・ナウパカ(Naupaka Kahakai) に、男性をマウンテン・ナウパカ(Naupaka Kuahiwi )に変えたといわれています。二つのナウパカは今でもお互いを想いながら、ひっそりと花を咲かせているのだそうです。そしてこの二つのナウパカの花を合わせると、2人は再会を喜んで涙を流す(雨が降る)とも、また2人の魂に導かれて恋人たちは固く結ばれる、とも言われています。

なんとも切ないお話なのですが、この伝説を知った時からずっと、お庭にこの2つのナウパカを仲良く並べて植えたいなと密かに願っていました。

ビーチ・ナウパカの方はお店でよく見かけて、ハワイ島へ引っ越してきてすぐにフロントヤード(と言っても溶岩ゴロゴロです)に植えたのですが、マウンテン・ナウパカとはなかなか出会うことができずにいました。インターネットで調べるとハワイ島の山にはたくさん自生しているようなのですが、一目見たいと思いながらもなかなか気付くこともできません。

するとなんと山ではなく、昨日でかけたファーマーズマーケットにて念願のマウンテン・ナウパカと出会うことができたのです!

約1年前に植えたビーチ・ナウパカは元気に育ってだいぶ大きくなっているので、それと比べると今日植えたてのマウンテン・ナウパカのなんと小さいこと!マウンテン・ナウパカを2株手に入れることができたので、ビーチ・ナウパカも1株足して、各々2株ずつを斜面の上と下とに植えました。やはりマウンテン・ナウパカは少し斜面の上の方が居心地がいいかな、と思って。今まで一人ぼっちで寂しそうだったビーチ・ナウパカ、一気に仲間が増えて嬉しそうです。

マウンテン・ナウパカが小さすぎてどこにあるか分からない!
ブルーで囲んだのがマウンテン・ナウパカ
ピンクがビーチ・ナウパカ(左が一年前に植えたもの)
小さなマウンテン・ナウパカ

早く大きくなって両方のナウパカ仲良くお花を咲かせてくれる日を楽しみにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です