エビ団子

最後の1個

停電の話を引っ張って恐縮ですが、2日間の停電中に冷凍の生エビが半解凍状態になってしまいましたため早めに食べてしまったほうがよいであろうと、初めてエビ団子を作りました。


中身はエビ、しいたけ、青ネギ、生姜、卵白、塩、片栗粉。これを練って丸めて素揚げにしたものです。イメージは、東北沢の隠れた名店のカウンターで食べたエビ団子。


かなりイメージ通りに仕上がりました。揚げたてアツアツを先ずは塩だけでいただきます。


やっぱ塩だわ。塩で十分、美味しい💗


隣で旦那さんも「美味しい美味しい」と言って食べています。旦那さんは塩に続きスイートチリソースで食べて、お好み焼きソースで食べて。まぁ、いずれもありでしょう。


二人してパクパクパクパク食べて、最後の2つになった時、旦那さん「あ!」と言って席を立ちました。


台所で何やらゴソゴソして戻ってくると、手には溶かしバター。溶かしバターをディップしたエビ団子を一口口に入れるや旦那さん、


「これ、これだよ、これこれ!すごく美味しいんだけど、何かが足りないと思ったの。これだー」


ということでエビ団子、溶かしバターとレモンひと絞りで完璧なテイストが完成したようです。


「これほら、あのニューイングランドに行くといつも食べるあれ、なんだっけ。クラブケーキ!要はあれのエビ版ってことだね」と、わたしも妙に納得。


最後に残ったひとつは、わたくし麺つゆでいただきました。うんまー。


エビ団子、ニューイングランド風と純日本風、いずれもかなりいけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です