氏神様✨

先日、東京に住む友人が「氏神様にお参りに行って来ました✨」と神社の写真をSNSにアップしていました。はて、わたしの今の氏神様はどちら様だろう。


ハワイに住んでいた頃は島内にいくつか神社があったので、必ず初詣に行って御神札を新しくしていましたし、普段から時々お参りに行っていました。特に信心深いわけではありませんが、何か宇宙の大きな力のようなものに自然と手を合わせる心は持ち合わせていますので。


オレゴンにはお寺はありますが神社がありません。お隣のワシントン州にはあるようです。となるとそのワシントン州の神社が今住んでいる場所から一番近い神社、ということで氏神様になるのかな?一度参拝に伺いたいとは思っているのですが、片道4時間のドライブなのでなかなか実行できずにいます。


わたしにとっての氏神様は、行くと心がほんわかするようなご近所の親しみを感じさせる場所でもあります。


日本に住んでいた頃の氏神様と言って思い浮かぶのは、参道脇のブランコで遊ぶ子供たち、お囃子の音と屋台の匂いに胸踊らせた夏祭り、境内の落ち葉を一斉に掻き集めた大きな焚き火、白い息を吐きながら参拝の列に並んだ初詣、こういった光景の数々です。


単に住んでいる場所が近いだけではない何か、心の距離の近さ、とでも言うようなものが氏神様にはあってほしい、あらねばならぬような気がするのです。


そう考えると気持ちの上では今でもまだ、わたしの氏神様はオアフ島のパリハイウェイ脇に鎮座しておられるハワイ大神宮様のように感じます。


いつ行ってもゆったりとした優しい空気が流れていて、背後には美しい緑色の山々が広がり、境内には生命力溢れる木々が悠々と枝を伸ばしていて。急に雨が降り出したかと思えば、参拝が終わって目を上にやると大きな虹が空いっぱいに掛かっていたり。神社を取り囲むすべての景観や空気があたたかい、そんな神社です。

ハワイ大神宮様の遠景


早くまたお参りに行けますように。二礼二拍手一礼✨

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です