クリスマスショッピングしながら感じた日本とアメリカ

前回のブログでアメリカのクリスマスショッピングについて、前々回のブログでアメリカでの日本食事情について書きました。


海外で日本食、恋しくなりますか? https://chisakolife.com/japanese-food/


クリスマスがやってくる! https://chisakolife.com/christmas-traditions/

いずれも、アメリカという国がいかに消費大国かを象徴するような内容になってしまいました。


日本も豊かな国ですが、なんというか、アメリカはもっと「消費するのが大好き💕」というエネルギーに満ち溢れている気がします。


すごくアメリカらしいエネルギーで、とてもいいこと(アメリカにとって)だと思います。そしてわたしがここ7年のアメリカ生活で感じることは、アメリカ景気いい!です。


どこの街に行っても人で溢れていて、ショッピングモールもレストランも人でいっぱい。皆さん、景気よくものを買ったり食べたり飲んだりしている様子。


そして、若者、子供連れ、赤ちゃん連れの多いこと多いこと。


アメリカは移民の国なので、メキシコなどからどんどん若い人も流入して赤ちゃんも生むし、移民だけではなくアメリカ人全般として「恋愛したい!結婚したい!子供欲しい!」願望が同年代の日本人と比べるとより強い気がします。


日本は島国で、今はだいぶ変わってるかもしれないけれどでも基本的には単一民族の国。移民の国アメリカとは歴史も背景も違って、美意識常識精神性もだいぶ違います。


日本は戦後、アメリカの後を追って豊かな国になったけれど、アメリカの真似をする時代は本当にもう終わりなんだなーと感じます。


日本は日本ならではの良さを大切にして、日本らしい成長の仕方をすすめることで、世界における存在感も高まるように思います。


たとえば、高齢化や少子化に対して日本はどのような対策をとっていくのか世界は注目していると思うのですが、難しいことはわかりませんが、ぜひ日本人の感性や良識を尊重した方向で進んでほしいです。

そしてそれは、日本という国である前に、日本人である我々一人一人が今一度日本人としての感性と良識を見直すところから始まることだと感じているし、ここアメリカでも必要とされていることのように思うのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です