夕焼け新聞8月号掲載『森のエネルギー』

米国オレゴン州月刊コミュニティ紙『夕焼け新聞』2022年8月号に掲載されたコラムの全文です。

************************************************

ハワイには様々な気候が共存しています。一節によると、ハワイ島には世界にある全気候区分のうち2つ(サハラ気候・北極気候)を除く10の気候が一つの島の中に存在すると言われています。わたしが暮らすハワイ島ヒロはと言うと、熱帯雨林気候。年間通して雨が多く、乾季のほぼない気候区分に属しています。

夫婦でハイキングが趣味ということもあり、ハワイ島へ越してからも週末はよくハイキングへ出かけます。すでにいくつかお気に入りのハイキングトレイルがあるのですが、先日ちょっと遠出をしてこれまで行ったことのないトレイルに出かけました。そこは、ヒロの街からハマクアコーストを1時間ほど北上して山側へ入った、マウナケア山の風上側の裾野に当たる場所です。

小さなパーキングエリアに車を停め、トレイルの入り口から森の中へ一歩足を踏み入れると一瞬周りの気配が変わったような、違う世界に足を踏み入れたような空気を感じました。そして次の瞬間、どこか懐かしい感覚と見覚えのある光景が蘇ってきて、すぐにそれはノースウエストの森の中で感じた空気と光景だと閃きました。ポートランド在住時もたくさんの素晴らしいトレイルを歩きましたが、その時に感じていた空気感や目にしていた木々の姿、そして森全体から感じたエネルギーのようなものを身体が覚えていたのです。

ハワイ島北東部の森

ノースウエストとハワイ島。場所はとても離れているけれど、ノースウエストの森ととても良く似たエネルギーを放つ森がハワイ島のマウナケア山の裾野にありました。調べてみると、オレゴン州ポートランドの気候は地中海性気候に属しており、マウナケア山の一部もまた地中海性気候に属していることが分かりました。

気候の他にもう一つ、2つの森のある共通点に気付きました。それは、大地の歴史です。今回訪れたトレイルはハワイ島の北側に位置していると先述しました。いつも我々が歩いているヒロ近辺のトレイルは、だいたい島の中央から南側に位置しています。島の南方にはキラウエア火山という近年最も活発な活動を続ける活火山があり、その近辺の大地はまだ比較的新しい溶岩台地が土壌となっています。それに対して島の北側は、古い噴火によってできたより古い大地。つまり、今回歩いたトレイルはいつも行き慣れたヒロ近辺のトレイルと較べて古い森、ということになります。ノースウエストの森の中でいつも感じていた、ずっしりと落ち着いた老木と古い大地から放たれるエネルギー。この遠く離れた2つの森で似たようなエネルギーを感じたのには、「気候」の他に「古い大地」「古い森」という共通点も働いているように思えます。

オレゴンの森

古モンゴロイドがアメリカ大陸へ渡ったのは、なんと1万5000年も昔のことだそうです。「アメリカは歴史の浅い国」なんて言いますが、ネイティブアメリカン達は日本で言うところの縄文時代の頃からアメリカ大陸に暮らしていたわけです。コロンブスのアメリカ大陸発見は1492年のこと。つまり、1万5000年前から1492年までというとてつもなく長い年月の間、ネイティブアメリカン達は自然と共存しながら狩猟の暮らしを続けていました。

一方ハワイは海底火山が隆起してできた島々ですが、ハワイ諸島の中で最も新しい島であるハワイ島は約50万年前に誕生。ポリネシア人たちが太平洋を渡ってハワイへとやってきた年代については諸説あるようですが、1778年にジェームズ・クックによってハワイ諸島が発見されるまで、彼ら(ハワイ先住民たち)はポリネシアの伝統を守りつつ島の恵みの中で生活を営んでいました。


ポートランドに暮らしていた頃に歩いたノースウエストの森、そして今回訪れたハワイ島北部の森。いずれの森からも、自然の中で自然を崇拝し自然と共に暮らしていたその地の先住民たちの息吹のようなものを感じます。ポートランドに引き続きハワイ島という場所で、先住民たちの面影が山や森や川といった自然の中に残っているように感じる場所で暮らせることに感謝しつつ、彼らが持っていた自然への畏敬の念を忘れずにいたい。そんなことを思い出させてくれたトレイルでした。

参照:https://hawaii-koko.com/bigisland-weather/

トゥシグナント 知佐子 

https://chisakolife.com

東京都出身、2013年米国に移住。ハワイ州オアフ島、カリフォルニア州ロサンゼルス、オレゴン州ポートランドを経て現在はハワイ島ヒロ在住。ハワイ島ヒロの自宅1階を全面改装したお宿をAirbnbにて運営中。https://airbnb.com/h/hilosunrisesuite 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です