夕焼け新聞2月号掲載『サウスポイント』

サウスポイント

米国オレゴン州月刊コミュニティ紙『夕焼け新聞』2022年2月号に掲載されたコラムの全文です。

********************************* ***********

ポートランドに暮らしていた頃は日本と似た四季のお陰か、冬には冬らしい格好をして厚手の靴下を履き、肌寒い晩には夕飯にお鍋を作ってみたりとそれなりに「日本の冬」を再現していたように思います。今年はそんなポートランドからハワイ島ヒロへと越して初めての冬。雨期のため雨の日が多いもののやはり気温は高く、雨など気にせず海に飛び込む子供たちの姿や、たまにある少しヒヤッとする日にもいつもどおり素足にビーチサンダルで行き交う人々の光景にハワイの冬を感じています。ハワイ島ヒロの冬は、街全体が生あたたかい雨でしっとりと包み込まれたような、そんな印象です。

クリスマスが終わったというのに相変わらずの温暖な気候のせいか、どうにも気持ちがお正月に向かわないな、と思いつつ過ごしていた年の瀬も迫った12月のある日、ポッカリと雨の中休みのように晴れ間の広がる日がありました。一年を締め括るのにふさわしいような、これまでに行ったことのないどこか特別な場所にでも行きたい気持ちになり、サウスポイントへ行くことを思いつきました。カラエ岬、通称サウスポイントはその名の示すとおり米国最南端の場所です。横殴りの強い風が吹き付ける断崖絶壁の崖の向こうにはどこまでも広がる荒々しい海、とただそれだけの殺風景な場所、ということは記事などを読んで知っていました。また、お気に入りの作家よしもとばなな氏の小説『サウスポイント』は、かなり鮮明にわたしの脳裏にサウスポイントの景観を思い描かせてくれていました。小説の中でサウスポイントは「この世の果てみたいな場所」と表現されます。頭の中で思い描くサウスポイントは、ハワイには似つかわしくないどこか寂しさの漂う荒涼とした、だからこそ原点に還れる場所のようなそんなイメージがあり、一年の締め括りに訪れるにはふさわしい場所のように思えたのです。

ヒロからサウスポイントは2時間弱のドライブ。初めて運転する道は未だに少し緊張しますが、冒険心はより膨らみます。マウナロア山の麓を南下しながら眺める初めてのハワイ島南部の光景は想像以上に緑が生い茂り、ハワイ火山国立公園を過ぎたあたりからは牧歌的な牧草風景が広がっていました。アメリカ最南端の町ナアレフも過ぎ、ヒロからひたすら南下してきた国道11号線を折れ、更に南へとサウスポイント・ロードに入ります。左右に広がる牧場の間をマウナロア山を背にしながら、眼下に見える海を目指して細い道を下ってゆきます。かなりの角度で斜めに傾きながら揺らめく牧草は、車外に吹く風の強さを伝えてくれていました。サウスポイント・ロードを30分ほど走ったところで駐車場へ到着。車を止めて外へ出ると、ハワイらしい優しくてあたたかい風が体全体を覆い、先ずは意表を突かれました。勝手に「冷たい風が吹き付ける場所」を想像していたのですが、持ってきたジャケットはそのまま車に置いて歩き出すことに。なるべく人のいるところを避けながら辺りを歩いてみると確かにそこは、広大で平らな陸(牧草と岩)と崖、その向こうは青々とした海がどこまでも続く、遮るものの何もないただそれだけと言えばそれだけの場所でした。そして気温だけではなくその場にはとてもあたたかいエネルギーが流れていて、どこか殺伐とした場所をイメージしていたわたしには良い意味で裏切られたというかちょっと意外な感覚で、一人でしたが寂しさを感じさせるような場所ではありませんでした。

カラエ灯台とヘイアウ(古代ハワイの聖域)

天上と地上の境目みたいな場所、サウスポイント。もうこれ以上先へは進めない断崖絶壁の崖はまるで折り返し地点のようで、わたしには人生の折り返し地点と重なって見えました。厳しくも優しい最果ての地で、断崖絶壁の崖の上に立ってどこまでも広がる海を目の前にして感じたこと。それは、帰る場所があることへの喜びと感謝の気持ちでした。折り返した先のゴール、つまりこの地球上に自分の居場所、帰る場所があることへの喜びの気持ち。そして同時に、これまでに出会った全ての人、やってきた全てのこと、一人でもひとつでも欠けていたらやはりここへは辿り着けなかったという思いが、喜びだけではなく感謝の気持ちも抱かせてくれました。人生の復路となるこれからの旅路は、喜びと感謝の気持ちと共に歩んでゆきたい、そんなことを感じさせてくれたサウスポイント。これまで「前へ、前へ」と進んできた気がしますが、サウスポイントは確かに原点に還らせてくれる場所でした。

トゥシグナント知佐子

東京都出身、2013年米国に移住。ハワイ州オアフ島、カリフォルニア州ロサンゼルス、オレゴン州ポートランドを経て現在はボストン出身の夫、オレゴンの森の中で生まれたコリーのメス犬、ローカルボーイの子猫2匹と共にハワイ島ヒロ在住。ブログhttps://chisakolife.comにてハワイ島の暮らし、国際結婚、犬猫との生活、自らの絵画制作などについて執筆中。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です