夕焼け新聞2月号掲載『ヴァーチューズ・プロジェクト』

米国オレゴン州月刊コミュニティ紙『夕焼け新聞』2023年2月号に掲載されたコラムの全文です。

************************************************

ヴァーチューズ・プロジェクトをご存知でしょうか?

ヴァーチューズ(美徳)・プロジェクトは、1991年にカナダで立ち上がった人格形成のための教育プログラムです。創設者であるリンダ・カヴェリン・ポポフ氏、ダン・ポポフ氏、ジョン・カヴェリン氏の3人は、世界のありとあらゆる聖典を調べ上げ、さまざまな文化や宗教が共有している非常に単純で深淵な事実を発見します。それは「人間の根底には美徳がある」「人間は誰しも美徳を持っている」という事実でした。普遍的な52の美徳は「ヴァーチューズ・カード」という52枚のカードとなり、国連事務局からも推奨されたこのプロジェクトは今や世界100カ国以上の学校、家庭、企業、カウンセリング、刑務所などで人格形成のために活用されています。

2022年はわたしにとって学びの年でしたが、そのひとつがこのヴァーチューズ・プロジェクトでの学びでした。ヴァーチューズ・プロジェクト・ジャパン主催の4日間のワークショップにオンラインで参加させていただいたのです。ワークショップではたくさんのペアワークを実践し、傾聴と承認、そしてそのやりとりの中で相手の中にある美徳を見出し、それを言葉で相手に伝えることの大切さを学んでゆきました。ヴァーチューズ・プロジェクトではこのことを「美徳の言語を話す」と表現しています。

ワークショップ後半では、「同伴」という技術について学びました。これは、相手と共にいる、ということであり、相手が持っている課題を共に見る、同じ方向を見る、ということ。こちらが相手の課題を解決してあげるのではなく、相手が自分で気付いてゆく過程においてその同伴をする、ということです。少し難しいですがまとめると、「相手は自分の中にある美徳、物事の核心にある美徳に自ら気付いてゆくことのできる存在である」と相手のことを信頼し、その過程において相手に同伴する、相手と同じ方向を見ながら共にある、そのための技術です。具体的には、言葉がけ、感覚的な合図のキャッチ、ペーシング(矢継ぎ早に話を進めない)、相槌の大切さ、ねぎらい、等について学びました。

この「同伴」の技術は、2022年に並行して活動を進めていたホスピスボランティアでの学びとも大いに重なりました。ボランティアというとなんだか「ボランティアをしてあげる人」と「してもらう人」、「与える側」と「受ける側」のような図式を描きがちですが、そうではないという心構えをボランティアがスタートする前のトレーニングで認識しました。わたしが個人的に意識していることは、目の前にいる患者さんを「可愛そうな人」として見ない、ということです。事実としてあるのは「目の前に余命6ヶ月以内と医師からの診断を受けた患者さんがいる」ということのみであって、「可愛そう」と決めているとしたらそれは私の勝手な思考です。なので、その勝手な思考の部分は取り払って患者さんの前に居る、対等な関係で患者さんと接する、ということを意識してボランティアをさせていただいています。

さて、ヴァーチューズ・プロジェクトに話を戻します。2022年11月にはヴァーチューズ・プロジェクトの国際協会Virtues Project International Association (VPIA) 主催の国際カァレンス ”2022 VPIA Global Mentorship” へも参加させていただき、世界各地から集うヴァーチューズの仲間たちとモニター越しとはいえ初めてお会いする機会をいただきました。

この ”2022 VPIA Global Mentorship” では、各プレゼンテーションの後にブレイクアウトルームに分かれての意見交換の場が設定されていました。いつまで経っても英語に自信のない私ですが、ブレイクアウトルームではヴァーチューズの先輩方が優しく耳を傾けてくれ、そのお蔭で私も最後まで「伝えよう」とする気持ちを持ち続けながら発言することができました。コンプレックスを抱えた存在でも、そのままの私がそのままの私でその場に居られた、という感触はとても居心地の良いものでした。国も文化も越えた「美徳」という同じ言語を話す者同士の温かみ、安心感を体感させていただきました。

私自身を含め海外で暮らす在留日本人は、自ら選んだ道とはいえ言語も文化も違う異国で暮らし、働き、家族を作り、そしていずれは老いてゆきます。そんな中でヴァーチューズ・プロジェクトと出会えたことは私にとって大きな恵みでした。ちょっと大げさかもしれませんが、世界中に仲間ができたような、そんな安心感です。これからもヴァーチューズ・プロジェクトと関わりながら、いずれは私も美徳による安心の和を広げてゆく一助となれれば、とそんなことを夢見ています。

The Virtues Project: https://www.virtuesproject.com/

ヴァーチューズ・プロジェクト・ジャパン:https://www.the-virtues-project-japan.org/

ヴァーチューズ・カード(日本語版と英語版)

トゥシグナント 知佐子 

chisakolife.com

東京都出身、2013年米国に移住。オアフ島、ロサンゼルス、ポートランド(OR)を経て現在はハワイ島ヒロ在住。絵画と数秘のサイトmanaarthawaii.com🌺ハワイ島ヒロAirbnbのサイトairbnb.com/h/hilosunrisesuite🌴

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です