夕焼け新聞2月号掲載『日日是好日』

ハワイ島からブログ発信中。こちらは米国オレゴン州月刊コミュニティ紙『夕焼け新聞』2024年2月号に掲載されたコラムの全文です。

************************************************

本連載のタイトル『Chisakoの日日是好日』の「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」。自らの連載のタイトルに使わせていただいていながら、この禅語の持つ奥深さに触れるのに少々怖気づきながらここまで来てしまいました。コラム連載スタートから丸3年となりますが、時が経てば経つほどにこのタイトルに愛着を感じていること、また年始に相応しい言葉でもあるので勇気を持って取り上げてみることにいたします。

「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」、皆さんも一度は耳にされたことのある言葉なのではないでしょうか。樹木希林さんが茶道の先生役で出演された同名の映画もありました。映画の原作は、長きに渡って茶道を続ける森下典子氏によるエッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)。私のこの言葉との出会いも、やはり「お茶」を通してでありました。現在暮らしているハワイ島へ越してくる前、ロサンゼルスに約1年、ポートランドに約2年暮らしましたが、短い期間ではありましたがロサンゼルス在住時にはハンティングトンビーチにお住まいの先生、そしてポートランド在住時はワシントン州バンクーバーにお住まいの先生のお宅へお茶のお稽古に通わせていただきました。

森下氏の本でも描写されていますが、お茶の作法はややこしく、いつまでたっても手順を覚えられずに間違えてばかり、そして足はしびれます。それでも、畳に座ってお茶がいただける幸せはちょっと他に比較できるものがないほどで、帰りの車中では毎度「あぁ、今日もお稽古に行ってよかった」と思ったものです。そんなお茶のお稽古は、此処アメリカの地で日本の文化である茶道を広め伝えていらっしゃる先生方の熱意に支えられています。お部屋の設えもそうですが、お道具やお茶やお菓子など、日本であれば豊富にある入手手段もこちらではそうとは限りません。そんな中、先生方は毎回のお稽古でたくさんの経験を与えてくださいました。

季節ごとに変化するお道具、そして作法はいったいいくつあるのだろう?とお茶の修練に終わりは見えず、覚えることは山のようにあるのにいつまで経っても基本の作法さえおぼつかない自分が情けなくもなる中、それでもお稽古に行けば「あぁ、来てよかった」と感じる不思議。本の中でも言われている通り「お茶にはがんじがらめの決まり事もある、覚えなければならない作法は山程ある」。とはいえそこには同時に必ず「ここにいるだけでよい」というブレない柱のような通念があるように感じます。間違えてばかりでも、何がなんだかよく分からなくても、なにはともあれまずは「今ここにいる」ことを大切にする空気感のようなものをいつもお稽古の場では感じていました。またお作法が複雑だからこそ、お点前の最中は余計なことを考えている余裕や隙間は一切なく、ただひたすらに一服のお茶を点てることに集中します。否応無しに100パーセント「今ここ」に集中できるところこそが、私が茶道に惹かれる最大の理由であります。

「今ここにいる」つまり、とにかくお稽古に来て、その場にいて、誠心誠意学び、心を込めてお茶を点て、そのお茶をお仲間に召し上がっていただき、また点てていただいたお茶を美味しくいただく、ということ。週に一度のその積み重ね。大事に積み重ねてさえいけば、いつか分かる時が来る、いつの日か自然と手が動くような瞬間がやって来る。先生方はそのことを自らの体験として知っていらっしゃるからこそ、あのようなお稽古の場が提供されていたのだろうと思うのです。

今回このコラムを書くに当たり、久しぶりに本棚から『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』を取り出しました。パラパラとページをめくると、「いいな」と思った文章に出会った時に行うページ上の角の折り込みがありました。角が折られたページの内容は ”「心」を入れる”(142頁)。あぁ、やっぱり。私がこの本を読んだのはもう何年も前ですが、あの頃もこのような箇所に惹かれていたのだなぁ、今も変わらないなぁ、というか益々その思いは強くなるばかりだなぁ、と思います。

残念ながらハワイ島には表千家の先生がいらっしゃらず今のところお茶のお稽古は再開できていませんが、「心を入れる」「100パーセント、今ここにいる」という瞬間をひとつでも多く積み重ねていきたい、という思いはそのままに持ち続けながら日々暮らしています。このように日々生きることこそが、「日日是好日」(毎日がよい日)へと繋がる。これが、今現在の私による「日日是好日」の解釈です。改めまして『Chisakoの日日是好日』というタイトル、やはりとてもしっくりきます。

2024年が皆様にとってかけがえのない「日日」の連続であることをお祈りしております。

『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』森下典子著、新潮文庫

お世話になった在米 茶道 表千家流の先生方(お茶のお稽古にご興味のある方は是非直接お問合せ下さい)

カリフォルニア州ハンティングトンビーチ  茶道 表千家流 Sachiko Okazoe  (714)717-7207

ワシントン州バンクーバー  茶道 表千家流 Sayo Tanne  (360)597-8182

***********************************************

トゥシグナント 知佐子 

chisakolife.com

東京都出身、2013年米国に移住。オアフ島、ロサンゼルス、ポートランド(OR)を経て現在はハワイ島ヒロ在住。マナアートハワイ manaarthawaii.com・ハワイ島ヒロ自宅でのAirbnb airbnb.com/h/hilosunrisesuite 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です