夕焼け新聞5月号掲載『感謝』

米国オレゴン州月刊コミュニティ紙『夕焼け新聞』2021年5月号に掲載されたコラムの全文です。

********************************* ***********

6年間、ハワイに住んでいました。そう、あの「楽園」ハワイに。

実を言うとわたしはもともとハワイのリピーターだったわけでも、特に行きたい旅行先がハワイだったわけでもありませんでした。ハワイと言えば、芸能人が年末年始に押し寄せたり、ショッピングバッグを抱えた人々で通りは溢れかえっていたり、ビーチには日本人がうじゃうじゃいたり、そういうミーハーでキラキラしたリゾート的なイメージしかなかったのです。

キューバやタイのようなちょっとマイナーな国に一人旅するのが好きだった自分としては、なんだか縁のなさそうな場所、一生訪れることはなさそうな場所のようにさえ感じていました。

ところが人生というのは面白いもので、そんなわたしにハワイでのビジネス投資と移住の話が浮上してきたのです。それまで特に興味もなかった「楽園ハワイ」が、一気に目の前に近づいてきた瞬間でした。

最終的にわたしは東京でのキャリアを捨て、当時の夫と猫と共にハワイへの移住を決めました。これを逃したらアメリカへ移住するチャンスは一生訪れないだろう、という覚悟で。

半ば予想していた通り、楽園ハワイは移住当初は全くもって楽園ではなく、辛くて大変な日々が待ち受けていました。投資したビジネスは聞いていた話とはまったく異なり大赤字の自転車操業。毎日業者さんからの取り立てに頭を下げながら、レストランのマネージャーとして現地の若者たちをまとめていくしんどさといったら想像を絶するものでした。

最終的にレストランはクローズ。投資したビジネスは大失敗です。

次に訪れた試練は離婚。12年連れ添った当時の夫と別れることに。まさかアメリカで離婚することになろうとは。生まれて初めて弁護士さんを雇ったり、カウンセリングを受けたりとハワイでの激動は続きました。とは言うものの、これだけの波乱万丈があった割には毎日前向きにそれなりに楽しく頑張っていたな、と今振り返るとそう思えます。

それはきっと、ハワイの自然がいつもそこにあったから。見上げれば青い空に白い雲が浮かんでいて、雨が降れば虹が出て、そこら中に黄色やピンクのハイビスカスが咲いていて、海はどこまでも澄みわたったエメラルドブルー。一年中生あたたかい水温の海にチャポンと入って、上を向いて浮身の姿勢でプカプカ浮かんでいるのが大好きでした。これがあったら何もいらない、と思いながら、まるで海水と一体になったかのような感覚でいつまでも浮かんでいました。

こうやって6年という歳月をかけて、ハワイの海や山や、そこら中にある自然がわたしの中の何かを浄化し、癒やし、助けてくれたのです。

今ではハワイからロサンゼルスを経てポートランドに引っ越しをし、程なくして新型コロナによるパンデミック、とこれまた想定外の状況が続いていますが、日本とよく似た四季の移ろいを何年ぶりかで味わいながらオレゴンの雄大な自然を楽しみつつ、心穏やかな日々を送っています。昨年の夏はコロンビア川での浮身にも成功し(写真)、オレゴンの自然にも受け入れてもらえたような気がしました。

ハワイを思い起こすたびに浮かぶ言葉、それは「マハロ」。

マハロは「ありがとう」「称賛する」「敬意を払う」という、感謝の意味を表すハワイ語です。ハワイでは頻繁に耳にする「マハロ」という表現。日常生活の中では「ありがとう」の代わりに使われていますが、元々のハワイ語を直訳すると「あなたが魂の中にありますように」「あなたがあなたらしく生きられますように」という意味合いがあるのだそうです。

このハワイ語の「マハロ」の起源、本来の意味合いを知った時、ハッとしました。自分はまさに「魂の中にある」「わたしがわたしらしく生きられる」状態を、ハワイから与えてもらったのだな、と。わたしがハワイに「マハロ」と伝える前に、ハワイの方がわたしに「マハロ」を伝えてくれていたのだ、ということに気付いたのです。

「マハロ」と言って、「マハロ」が返ってくる。これこそ「感謝」の真髄ではないでしょうか。幸せは、感謝した者の魂にかえってくる。生きていれば、辛いことや悲しいこと、目の前が真っ暗になって先に進めなくなりそうなことだってあるかもしれない。でもそんな時でさえ、「マハロ」の心は忘れないでいたい。

ハワイ、わたしの人生が大きく変わった場所。わたしの長年に渡る葛藤をきれいに流し去り、そして受け取ってくれて、本当にありがとう。

Big Mahalo and Warmest Aloha. 

たくさんの感謝と、心からのアロハをこめて。

木皿の上に筆者画
コロンビア川で浮身する筆者

トゥシグナント知佐子

東京都出身、2013年米国に移住。ハワイ、カリフォルニアを経て、現在は、ボストン出身の夫、日本生まれのオス猫、オレゴンの森の中で生まれたコリーのメス犬と共にポートランド在住。ブログhttps://chisakolife.comにて、ポートランドの暮らし、国際結婚、犬猫との生活、自らの絵画制作などについて執筆中。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です